寝室の環境で不眠症改善

不眠症改善のための寝室の環境づくり記事一覧

快眠のための寝室環境

1.温度と湿度寝室の理想の温度は季節や地域によって多少違ってきますが、夏はだいたい23〜25度、冬はだいたい13〜15度くらいが睡眠のための適温とされています。また湿度は50〜60%が理想的です。夏、寝苦しいからと言って一晩中エアコンをつけっぱなしと言うのは自律神経に悪影響となってしまいますが、眠る...

≫続きを読む

 

快眠のための掛布団

心地よい眠りのための掛布団の大切な機能は保温性です。さらに通気性やフィット性、軽さも重要な要素になります。睡眠中は体温が低下するため体を温める必要があります。掛布団の保温力が弱いと寒さで目が覚めてしまうことがあります。また通気性が悪い掛布団だと睡眠中に体から放出される汗や水分が布団内にこもってしまい...

≫続きを読む

 

敷き布団を変えて熟睡

敷き布団の大切な役割は保温性・通気性・支持性です。保温性は掛け布団と同様に身体を温める役割ですが高級な掛け布団でいくら上面を温めても背中側が寒くては意味がありません。バランスよく背中側も保温する必要があります。また人は睡眠中におよそコップ1枚200CCの汗をかき湿気として放出しますので、敷き寝具はこ...

≫続きを読む

 

快眠のための副寝具毛布・タオルケットなど

不眠症解消のためには、毛布やタオルケットなどの副寝具も通気性のよいものを選ぶようにしましょう。アクリル毛布は通気性に劣り、ムレ感の原因となってしまいますので綿素材がおすすめです。電気毛布も快適な眠りには不向きです。睡眠中は脳を休ませるために、エネルギーの消費が抑えられ体温は低くり、やがて覚醒するため...

≫続きを読む

 

睡眠障害対策のための枕

不眠症に効果的なマインド ガード dxが口コミで評判になっているようですが、効かない人や副作用が心配な人は、寝具の改善に頼るのが一番です。眠りたいのに眠れない悩みをいつまでも抱えていては、心が休まることもないでしょう。寝具の中でも特に影響が大きいのが枕なのです。睡眠薬などは値段が高いので、通販などで...

≫続きを読む