パソコンと不眠症の関係

就寝前のパソコン

北海道の旭川に住んでいる川崎直道さん(仮名)の不眠症体験談です。「私は就寝前に、パソコンで翌日の仕事の予定を確認するため、毎日1時間ほど作業を続けていました。しかし、就寝前のパソコンでの作業はは、良質な睡眠を悪影響を及ぼすのです。

 

NHKの健康講座の放送で、パソコンのモニターが発光するブルーライトが、脳神経を刺激して覚醒させる作用があるため、就寝前のパソコンやスマートホンなどの液晶画面での作業は、不眠症を招くことがあるとのことでした。

 

しかし、パソコンでの予定の確認作業は、就寝前しか時間がありません。翌朝、早めに起床してから、パソコンで確認することも試してみましたがが、朝はどうしても寝ぼけているので、確認漏れが多くなってしまい効率的ではないのでうまくいきませんでした。

 

そこでメガネドラッグで購入してきたパソコンのブルーライトを軽減する黄色いサングラスを試してみました。このサングラスを着用して、メールやスケジュールのチェックなどの作業をすると、以前は、ベットに入っても頭が冴えてなかなか寝付けなかったのが、スムーズに眠れるようになって不眠症が改善されたのです。

 

そのおかげで朝の目覚めも以前とは比べ物にならないくらいに爽快になってきました。さらに今までは、会社での昼食後、睡魔に襲われて極端に作業効率が低下していたのですが、不眠症が解消されたおかげで、そんな現象もなくなり、仕事効率が格段にアップしたのです。」

 

★眠れない夜を改善★

関連ページ

禁酒をしたら眠れない
健康上の理由から禁酒をしたとたんに眠れなくなりました。
不眠症と集中力
不眠症になってしまい睡眠不足で集中力がなくなって、大学受験で苦労しました。
睡眠不足対策に寝酒
睡眠不足が続いて仕事や日常生活に支障が出始めたため、寝酒を飲むようになったらさらに問題が・・・
育児ノイローゼで不眠症
夜泣きが激しい赤ちゃんが原因で育児ノイローゼになってしまい、不眠症になりました。
転職したら不眠症になった
長年勤めた会社が倒産して、転職したら緊張から不眠症になってしまいました。
枕が変わって不眠症になった
長年使いなれた枕があまりにも汚くなったので、新しい枕に変えたところ不眠症になってしまいました。
不眠症で肌荒れに悩む姉
私の姉は不眠症で睡眠不足のため、ひどい肌荒れで悩んでいました。マインドガードDXのおかげで安眠できるようになり、肌荒れも改善したのです。
睡眠障害が原因でうつ病に
経済的苦境でストレスが溜まってしまい睡眠障害となり、うつ病になってしまった例。
アロマで不眠症改善
転職による不眠症を改善した方法