不眠症による集中力の低下

東大医学部を目指して猛勉強

私は高校生になって、急に医者になりたくなったので、東大医学部を目指すことにしました。しかし、それまで勉強に全く興味がなかったので、私が通学していた高校は、東京の品川区にある普通レベルの都立高校だったので、波の勉強では、とても東大医学部に合格することはできません。

 

そこで私は高校1年生の夏休みから、睡眠時間を削って猛勉強に励んだのです。1日の睡眠時間は2時間でした。最初のうちはこの勉強方法でも、若さがあったので、どんどん成績が向上していたのですが、やはり睡眠不足が長期間にわたって続くと、だんだん集中力が低下してきて、勉強の時間効率が悪くなってきたのです。

 

学年末に実施された全国模試では、目標の順位をはるかに下回ってしまいました。

 

これでは現役で東京大学の医学部合格なんて不可能です。そこで強引な勉強方法を考えなおして、1日5時間の睡眠で、もっと勉強の効率を上げようと思ったのです。ところが、短い睡眠時間が習慣になり、体に染みついたため、2時間以上眠れない体質になっていたのです。ゆっくり眠ろうと思っても、必ず2時間で目が覚めてしまいました。しかし、体の方は睡眠不足の状態なので、頭はさえず、体調も思わしくありません。

 

そこで、順天堂大学の大学病院で不眠症の相談に行きました。すると私の不眠症の症状は、精神的な面が強いとのことで、心療内科でカウンセリングを受けました。さらに睡眠導入剤も処方してもらいました。睡眠導入剤を服用すると、確かに5時間以上寝ることができたのでいしたが、睡眠の質に問題があるのか、それとも薬の副作用なのか、一日中頭がボーっとして勉強への集中力が足りないのです。

 

このままではとても東大医学部にはいくことはできないと暗い気持ちで悩んでいたところ、インターネットで睡眠サポートサプリメントのマインドガードDXを見つけたのです。早速取り寄せて試してみたところ、自然に眠たくなり、ぐっすり眠れるようになりました。朝の目覚めも爽やかで、集中力が以前にもまして高くなったのです。成績も急上昇し、はりきって勉強しています。マインドガードDXのおかげで、熟睡できるようになって、とてもよかったです。

 

↓↓↓マインドガードDXで不眠症改善・ここをクリック↓↓↓

マインドガード

関連ページ

禁酒をしたら眠れない
健康上の理由から禁酒をしたとたんに眠れなくなりました。
睡眠不足対策に寝酒
睡眠不足が続いて仕事や日常生活に支障が出始めたため、寝酒を飲むようになったらさらに問題が・・・
育児ノイローゼで不眠症
夜泣きが激しい赤ちゃんが原因で育児ノイローゼになってしまい、不眠症になりました。
転職したら不眠症になった
長年勤めた会社が倒産して、転職したら緊張から不眠症になってしまいました。
枕が変わって不眠症になった
長年使いなれた枕があまりにも汚くなったので、新しい枕に変えたところ不眠症になってしまいました。
不眠症で肌荒れに悩む姉
私の姉は不眠症で睡眠不足のため、ひどい肌荒れで悩んでいました。マインドガードDXのおかげで安眠できるようになり、肌荒れも改善したのです。
睡眠障害が原因でうつ病に
経済的苦境でストレスが溜まってしまい睡眠障害となり、うつ病になってしまった例。
アロマで不眠症改善
転職による不眠症を改善した方法
パソコンが原因で不眠症に
パソコンのモニターから発行する光には覚醒作用を強める光があり、そのことが原因で不眠症になることがあります。