不眠症に影響する食生活

不眠症改善に効果的な食材

牛乳
牛乳には、イライラの原因の神経過敏を抑え、脳に入眠を誘発させる効果があります。寝る前のホットミルクは昔から不眠症対策の定番です。

 

牛乳に含まれているアミノ酸の一種のトリプトファンは、セロトニンという安眠物質に体内で合成され、メラトニンという眠気を誘う睡眠ホルモンが分泌されます。さらに神経の興奮を鎮める作用があるカルシウムも牛乳には多く含まれています。カルシウムは、興奮しやすい人、緊張しやすい人、神経質な人などにも抑制の効果があります。

 

セロリ
セロリの独特の香りは、神経の興奮を抑制する働きがあります。香りに効果があるので、生のセロリを擦りおろしはちみつと混ぜ、熱湯を注いで飲むのが効果的です。セロリの味に抵抗がない人は生のまま食べるのもいいでしょう。

 

レタス
レタスには、催眠作用や鎮静作用があります。1日、4分の1個の量を目安に食べるようにしましょう。生のレタスを沢山食べると体が冷えて、逆に眠気がさめる可能性があるので、就寝前には食べないほうがいいでしょう。

 

玉ねぎ
玉ねぎには、ストレスを緩和して気持ちを穏やかにする効果があり、快眠に大いに役立ちます。また、血糖値を下げる働きもあるので、冷え性が原因の不眠症にも玉ねぎは有効です。強烈な香りにならない程度に寝室においておくだけでも安眠効果を発揮するので、食べるのが苦手な方はこの方法で。

 

規則正しい食生活

睡眠に役立つ食材を積極的に取り入れることも大切ですが、朝、昼、晩と三食、規則正しい時間に食事することも大切です。

 

朝食はしっかり食べ、夕食ははあっさり目なメニューにし、油物、揚げ物などは控えるようにします。そして就寝前はホットミルクとかトマトジュースなどを飲んでみましょう。

 

不眠症改善のための食事の注意点

ダイエット中の人は、寝付きが悪くなると言われています。これは食事制限によるセロトニン不足が原因です。お腹が一杯になるまで食べる必要はありませんが必ず毎日、腹八分目程度の食事を心がけましょう。過度の食事制限は不眠症の原因となってしまいます。

 

また、不眠症対策で特に睡眠薬を服用する際は食事の量に注意する必要があります。不眠症による体重の増減は、あまりありませんが、不眠症対策の睡眠薬が食欲を増進させ食事量が増え、体重が増えることが多いようです。

 

また夜に食べるのも注意してください。中には、寝る前にお腹をいっぱいにしないと眠れないという人もいますが、これは睡眠の質の低下を招きます。就寝前に飲食すると、脳は休んでいても胃腸は消化で働きっぱなしです。これでは良い睡眠を期待することはできませんので就寝前の食事は控えるようにしてください。

 

↓↓↓ぐっすり睡眠・爽快な目覚め・ここをクリック↓↓↓

マインドガード

関連ページ

睡眠薬で不眠症改善
眠れないと言えば真っ先に思いつくのが睡眠薬ですが、副作用や常習性が心配です。
夜眠れないの対処法
夜眠れない、昼間の仕事にも支障をきたす。そんな状態を打開するための工夫。
入眠障害を克服する
入眠障害、府民のためにいつまでも睡眠薬に依存する生活は問題です
布団に入ってから眠るためコツ
布団に入ってからあれこれ考え始めると眠れないという人のための眠るためのコツの紹介
寝付きを改善する
布団に入ってもなかなか寝付けない人にお勧めの方法
不眠症と季節の関係
季節によって不眠症のタイプも変わってきます。春夏秋冬、季節ごとの不眠症対策があります。
不眠症と運動について
不眠症改善のための運動とは?
不眠症と音楽の関係
音楽によって不眠症が改善されたり、逆に不眠症が悪化することもあります。
不眠症改善の薬
不眠症を改善するために薬を服用することもあります。
ぐっすり眠れない悩み
現代人は男女を問わずぐっすり眠れない悩みを抱えている人が多いようです。そんな熟睡できない悩みを解決するためにはどうすればいいのでしょう。