薬を利用した不眠症改善

辛い不眠症を改善するための薬

薬

薬を服用することで不眠症を改善できるケースもあります。不眠症の薬は、健常者には無縁の薬ですが、不眠症で苦しんでいる人にとっては、興味深い薬だと思います。不眠症改善に用いられる薬の代表的な物の紹介です。

 

ハルシオン
睡眠薬として以前から広く使用されてきたハルシオンは、ベンゾジアゼピン系の寝つきを良くするための薬です。副作用も比較的少ないので、不眠症対策としてこの系統の薬が用いられることが多いのです。人によっては、翌日に脱力感や倦怠感を感じることもあるようです。用法・容量を守って服用している分には問題ないようですが、頻度や量を決められた内容よりも増やしてしまうと依存症に近い状態になることもあるので注意しましょう。

 

ロゼレム
ロゼレムが承認を受けたのは2010年4月なので、睡眠薬としては比較的新しい薬と言えるでしょう。新しい薬だけあって効能もすぐれていて、体内時計の調節機能があるメラトニンと呼ばれるホルモンの受容体を刺激することで睡眠へ導いてくれます。また、ロゼレムは、鎮静作用や抗不安作用がないので自然な睡眠をもたらしてくれます。

 

直接的に睡眠に作用する薬ではないので、即効性は期待できませんが、ハルシオンなどのベンゾジアゼピン系の薬に見られる副作用もほとんど無いので、安心して常用できるメリットがあります。

 

ラボナ
バルビツール系鎮静麻酔薬のラボナは、以前から麻酔薬として使用されてきました。ラボナの睡眠作用は強力で、四国な不眠症に悩んでいる人にとっては、最強の味方です。しかし、その副作用もかなり強く、依存症によって幻覚などで苦しんでいる人もいます。また肝臓への悪影響もある為、近年では不眠症治療にもあまり用いられなくなりました。

 

以上のように不眠症に効果がある薬は、数種類存在しますが、どの薬も副作用や依存症など、大なり小なりの問題があるようです。できるだけ薬に頼らない治療法が望ましいのです。

 

↓↓↓不眠症サポートマインドガードDXはこちら↓↓↓

リンク

関連ページ

睡眠薬で不眠症改善
眠れないと言えば真っ先に思いつくのが睡眠薬ですが、副作用や常習性が心配です。
夜眠れないの対処法
夜眠れない、昼間の仕事にも支障をきたす。そんな状態を打開するための工夫。
入眠障害を克服する
入眠障害、府民のためにいつまでも睡眠薬に依存する生活は問題です
布団に入ってから眠るためコツ
布団に入ってからあれこれ考え始めると眠れないという人のための眠るためのコツの紹介
寝付きを改善する
布団に入ってもなかなか寝付けない人にお勧めの方法
不眠症と季節の関係
季節によって不眠症のタイプも変わってきます。春夏秋冬、季節ごとの不眠症対策があります。
不眠症と運動について
不眠症改善のための運動とは?
不眠症と音楽の関係
音楽によって不眠症が改善されたり、逆に不眠症が悪化することもあります。
食生活改善による不眠症対策
食事の内容を見直すことで不眠症を改善することができます
ぐっすり眠れない悩み
現代人は男女を問わずぐっすり眠れない悩みを抱えている人が多いようです。そんな熟睡できない悩みを解決するためにはどうすればいいのでしょう。