不眠症対策の運動

適度な運動は不眠症を改善するための基本です

ウォーキング

運動によって適度な疲労を体に与えることは、不眠症の予防、対策、解消に有効な手段と言えるでしょう。運動不足によって不眠症がもたらせることも多いので、睡眠と運動の間には密接な関係があるのです。

 

しかし、逆に運動によって不眠症になってしまうケースもあるので、単純に運動をすれば不眠症が解消されるというわけではありません。不眠症改善に最適な運動とは何かを考えましょう。

 

有酸素運動
不眠症の改善のためには、正しい有酸素運動が最適だと言えるでしょう。有酸素運動の代表であるウォーキングやジョギングは、副交感神経を強く刺激することなく、スムーズに入眠することができる適度な疲労感をもたらしてくれるのです。

 

さらに有酸素運動によってダイエット効果も期待できます。肥満は生活習慣病の大きな原因とされていて、これによって不眠症になることもあるのです。そのような肥満を改善することで、結果として不眠症改善にも役立つのです。

 

以上のように有酸素運動は不眠症対策にとても有効だということが分かります。しかし、寝る直前の運動は有酸素運動と言っても副交感神経の刺激になるので避けたほうがいいでしょう。寝る前は、お風呂上がりの軽いストレッチ程度にとどめておいた方が無難です。

 

無酸素運動
有酸素運動と対峙して無酸素運動があります。無酸素運動でももちろん体の疲労感はありますが、運動の性質が全く違います。有酸素運動は、100mダッシュや筋トレなど、短時間で体に大きな付加を与える運動で、不眠症対策には逆効果となる場合が多いのです。

 

無酸素運動によって交感神経が刺激されることが多く、人を興奮状態にさせる効果があるのです。体温や脈拍も上昇するので、睡眠には悪影響をもたらします。特に夜中に無酸素運動を行うと、脳や身体が興奮状態になってしまい、スムーズな睡眠の妨げとなってしまいます。

 

筋肉を鍛えるのに効果的な無酸素運動は、基礎代謝をアップすることでダイエットにも効果的と言えるでしょう。しかし、不眠症を改善するのが目的なら、断然、有酸素運動の方が効果的と言えます。

 

日中に適度な有酸素運動を行って、身体にある程度の疲労を加えることで、快適な睡眠をもたらしてくれます。

 

★マインドガードDXで睡眠障害克服★

関連ページ

睡眠薬で不眠症改善
眠れないと言えば真っ先に思いつくのが睡眠薬ですが、副作用や常習性が心配です。
夜眠れないの対処法
夜眠れない、昼間の仕事にも支障をきたす。そんな状態を打開するための工夫。
入眠障害を克服する
入眠障害、府民のためにいつまでも睡眠薬に依存する生活は問題です
布団に入ってから眠るためコツ
布団に入ってからあれこれ考え始めると眠れないという人のための眠るためのコツの紹介
寝付きを改善する
布団に入ってもなかなか寝付けない人にお勧めの方法
不眠症と季節の関係
季節によって不眠症のタイプも変わってきます。春夏秋冬、季節ごとの不眠症対策があります。
不眠症と音楽の関係
音楽によって不眠症が改善されたり、逆に不眠症が悪化することもあります。
不眠症改善の薬
不眠症を改善するために薬を服用することもあります。
食生活改善による不眠症対策
食事の内容を見直すことで不眠症を改善することができます
ぐっすり眠れない悩み
現代人は男女を問わずぐっすり眠れない悩みを抱えている人が多いようです。そんな熟睡できない悩みを解決するためにはどうすればいいのでしょう。