季節による不眠症

季節ごとの不眠症対策

不眠症で悩んでいる人なら、季節によってその対策を変えたほうが、より快適な睡眠が可能になります。春夏秋冬それぞれの季節に合った不眠症対策を見ていきましょう。

 


だんだん暖かくなってきて、すごしやすい季節が春です。春は四季の中でも不眠症対策が簡単な季節と言えるでしょう。運動に適した気温なので、ウオーキングやジョギングなどの有酸素運動をを日中に行って、軽い肉体的疲労を感じるのがいいでしょう。適度な運動は、不眠症の予防、改善双方に効果を発揮します。

 


気温が上昇して暑苦しい日が多くなる夏は、寝苦しい夜が多くなり、快適な睡眠には問題がある季節と言えるでしょう。暑さで中途覚醒が多くなる人は、エアコンマット等、寝具を工夫するのがお勧めです。

 

多量の寝汗をかいて、熟睡できなかったり、目が覚めたりするようなら、快適な睡眠とは言えません。寝苦しい夜が続くと不眠症になってしまいます。そうなる前に寝室の環境を整えましょう。また、有酸素運動を行う際の水分補給も重要です。タレントの所ジョージさんも、夏の農作業中に熱中症になり、自ら救急車を依頼したことがあります。こまめな水分補給で熱中症を予防しましょう。

 


暑さが次第に和らいでくる秋は、スポーツの秋と呼ばれるように屋外での運動に適した季節です。昼間の空いた時間に積極的に運動を行い、適度な疲労をためるようにしましょう。しかし、はりきり過ぎて過度な運動を行うと自律神経の刺激が強すぎ、かえって眠れなくなることもあるので、適度な運動量を守ってください。

 

また食欲の秋なので、運動によって食事量が多くなりがちです。肥満も不眠症に大きく影響するので、食事量もほどほどにしてください。

 


不眠症の人にとって、気温が下がる冬が一番厄介な季節と言えるでしょう。気温が下がると血管の収縮が起こり、血圧が上昇します。さらに寒さによって自律神経も刺激されるので、不眠症が進むのです。

 

不眠症改善のための有酸素運動であるウォーキングやジョギングなども寒くて続けることが嫌になります。そんな時は、室内で行える運動をしましょう。特に費用も掛からず手軽にできる運動が、踏み台昇降です。

 

↓↓↓ぐっすり睡眠・爽快な目覚め・ここをクリック↓↓↓

マインドガード

関連ページ

睡眠薬で不眠症改善
眠れないと言えば真っ先に思いつくのが睡眠薬ですが、副作用や常習性が心配です。
夜眠れないの対処法
夜眠れない、昼間の仕事にも支障をきたす。そんな状態を打開するための工夫。
入眠障害を克服する
入眠障害、府民のためにいつまでも睡眠薬に依存する生活は問題です
布団に入ってから眠るためコツ
布団に入ってからあれこれ考え始めると眠れないという人のための眠るためのコツの紹介
寝付きを改善する
布団に入ってもなかなか寝付けない人にお勧めの方法
不眠症と運動について
不眠症改善のための運動とは?
不眠症と音楽の関係
音楽によって不眠症が改善されたり、逆に不眠症が悪化することもあります。
不眠症改善の薬
不眠症を改善するために薬を服用することもあります。
食生活改善による不眠症対策
食事の内容を見直すことで不眠症を改善することができます
ぐっすり眠れない悩み
現代人は男女を問わずぐっすり眠れない悩みを抱えている人が多いようです。そんな熟睡できない悩みを解決するためにはどうすればいいのでしょう。