寝付きが悪い悩み

寝付きが悪くて悩んでいるのならこんな方法があります

布団に入っても眠るまで30分以上かかる

 

就寝時間になっても全く眠ることができない

 

体は疲れているのに頭ははっきりしている

 

 

このような睡眠に関する悩みを持っているのなら、寝付きを良くするための方法があります。

 

まず、お勧めの方法として半身浴があります。半身浴によって寝付きを良くするためには、寝る時間の1時間前にお風呂をあがるように設定して入浴時間を決めます。20分も入浴していると、大量の汗をかくので、入浴前にコップ一杯の水を飲みます。お好みの入浴剤を入れてリラックス効果を高めましょう。心を落ち着かせることを目的としているので、お風呂にテレビや本、スマホなどは持ち込まないようにしてください。

 

次におすすめなのが、足枕です。足枕をすることで、足の疲れやむくみを解消し、体全体の血行を改善してくれます。さらに、自律神経からくる冷え症なども果然して、足を温かくする効果も期待できます。体の血行が良くなると、眠くなる効果があるのです。

 

睡眠前の30分に腹式呼吸によるリラックスもお勧めです。就寝時間の30分ほど前から、部屋の照明を落として、テレビやCDなども消し、全身をリラックスして、ゆっくり腹式呼吸をします。何も考えないようにし、瞑想の湯女漢字を行います。これによって、体全体に酸素が行き渡り、リラックスして快適な眠りができるのです。

 

静かな心落ち着く音楽も、睡眠効果があります。ヒーリング系の音楽を選び、心を落ち着かせることで、寝付きがよくなります。寝る前にアルファ波が出る状態にしておくと、睡眠中に現れるβ波にスムーズに移行することができ、いつの間にかぐっすりと眠ることができるのです。

 

パジャマをゆったりとしたものに変えるとより心地よい眠りができます。睡眠中は、寝返りを打ちます。パジャマが邪魔をして、寝返り中に目が覚めてしまうことが多いのです。そんなことにならないように、ゆったりとしたサイズのパジャマを着て、途中で目覚めないようにしましょう。

 

★睡眠障害克服マインドガードDXはこちら★

関連ページ

睡眠薬で不眠症改善
眠れないと言えば真っ先に思いつくのが睡眠薬ですが、副作用や常習性が心配です。
夜眠れないの対処法
夜眠れない、昼間の仕事にも支障をきたす。そんな状態を打開するための工夫。
入眠障害を克服する
入眠障害、府民のためにいつまでも睡眠薬に依存する生活は問題です
布団に入ってから眠るためコツ
布団に入ってからあれこれ考え始めると眠れないという人のための眠るためのコツの紹介
不眠症と季節の関係
季節によって不眠症のタイプも変わってきます。春夏秋冬、季節ごとの不眠症対策があります。
不眠症と運動について
不眠症改善のための運動とは?
不眠症と音楽の関係
音楽によって不眠症が改善されたり、逆に不眠症が悪化することもあります。
不眠症改善の薬
不眠症を改善するために薬を服用することもあります。
食生活改善による不眠症対策
食事の内容を見直すことで不眠症を改善することができます
ぐっすり眠れない悩み
現代人は男女を問わずぐっすり眠れない悩みを抱えている人が多いようです。そんな熟睡できない悩みを解決するためにはどうすればいいのでしょう。