夜眠れないを改善したい

日常の生活を改善して熟睡できるようになる

朝まで眠れず辛い毎日

 

睡眠の感覚が分からなくなってきた

 

仕事中に強烈な睡魔に襲われる

 

睡眠障害になってしまった人は、とにかく眠ろうと布団に入っても、気持ちばかり焦ってなかなか寝付けないものです。睡眠のための環境や習慣などちょっと変えるだけでも寝付きは変わってきます。

 

寝酒の習慣がある人は、改善したほうがいいでしょう。
飲酒は、睡眠促進効果はありますが、飲みすぎや寝酒が習慣になってしまうと、眠りが浅くなり、熟睡できないので、夢を見て途中で目が覚めたり、眠りの質は低下してしまいます。その結果睡眠時間が十分でも、昼間、昼食後などに強烈な睡魔に襲われるようになるのです。

 

短時間の睡眠でも、熟睡できる質のいい睡眠の方が体にいいのです。ビール一杯ぐらいなら問題ないですが、翌日に残るような飲酒の仕方は改めたほうがいいでしょう。

 

寝る前のカフェイン
コーヒーはもちろんのこと、睡眠前の紅茶やお茶も控えるべきです。寝床につく3時間前以内にコーヒーやお茶などカフェインを含んでいるものを飲む習慣がある人は、眠れなくなったときにも、それがカフェインが原因であるかどうかも分からなくなってしまいます。

 

早めの夕食
睡眠中の胃の運動により眠りの質が悪くなるので、寝床につく4時間前までには夕食を済ませ、食事の消化を完全に済ませてから、布団に入るのが理想です。

 

就寝前にパソコンやスマホなどの使用を控える
眠るためには、リラックスすることが大切です。就寝前の30分は、薄暗いところで落ち着いた心でいることが効果的です。スマホやパソコンなどは、多くの情報があり、液晶画面の光を近くで見つめているので、精神的に興奮状態になってしまい、寝付きが悪くなるのです。脳が興奮状態で、活性化していると、寝付くまでに時間がかかってしまいます。

 

ぬるめのお風呂でリラックス
安眠のための入浴法としては、ぬるめのお湯での半身浴です。

 

昼寝は短時間で済ます
夜眠れない人は、昼間に強烈な睡魔に襲われ、仕事の効率も格段に落ちてしまいます。こんな時は、短時間の昼寝がお勧めです。昼寝もせいぜい15〜20分程度にしましょう。それ以上長く寝てしまうと、逆に体が重くなるし、夜もさらに眠れなくなってしまいます。

 

★睡眠障害改善マインドガードDXはこちら★

関連ページ

睡眠薬で不眠症改善
眠れないと言えば真っ先に思いつくのが睡眠薬ですが、副作用や常習性が心配です。
入眠障害を克服する
入眠障害、府民のためにいつまでも睡眠薬に依存する生活は問題です
布団に入ってから眠るためコツ
布団に入ってからあれこれ考え始めると眠れないという人のための眠るためのコツの紹介
寝付きを改善する
布団に入ってもなかなか寝付けない人にお勧めの方法
不眠症と季節の関係
季節によって不眠症のタイプも変わってきます。春夏秋冬、季節ごとの不眠症対策があります。
不眠症と運動について
不眠症改善のための運動とは?
不眠症と音楽の関係
音楽によって不眠症が改善されたり、逆に不眠症が悪化することもあります。
不眠症改善の薬
不眠症を改善するために薬を服用することもあります。
食生活改善による不眠症対策
食事の内容を見直すことで不眠症を改善することができます
ぐっすり眠れない悩み
現代人は男女を問わずぐっすり眠れない悩みを抱えている人が多いようです。そんな熟睡できない悩みを解決するためにはどうすればいいのでしょう。