レム睡眠行動障害と飲酒

レム睡眠行動障害の原因

眠りが浅いレム睡眠の時に、夢と同調して手足を動かすレム睡眠行動障害という症状があります。レム睡眠行動障害の原因は、まだ解明されていません。しかし、レム睡眠行動障害になってしまう人は、いくつかのパターンが考えられます。心当たりがある人は、チェックしてみましょう。

 

レム睡眠行動障害の原因として考えられているのは、パーキンソン病やれびー小体型認知症などの神経変性疾患と同様の脳疾患です。また、薬や他の病気の二次的な症状とも考えられており、薬が原因の場合は、服用をやめると改善されます。しかし、原因が薬とされるのは、40%ほどで、残りの60%については、はっきりした原因は解明されていません。

 

レム睡眠行動障害の原因は、人それぞれですが、症状は、睡眠中に体が動き出し、極端な場合は、暴力をふるうといったこともあります。

 

人は、睡眠中に90分の周期で、浅い眠りのレム睡眠と深い眠りのノンレム睡眠を繰り返します。浅い眠りのレム睡眠中は、脳は活動しながらも体は脱力状態で、深い眠りのノンレム睡眠中は、脳は生命活動のための最低限の活動を維持しています。しかし、レム睡眠行動障害では、睡眠中にもかかわらず、骨格筋を動かすことができ、夢に反応して、大声を上げたり動いたりといった症状が現れます。眠りについてすぐは、ノンレム睡眠ですが、夜明け近くにかけてレム睡眠の時間が長くなるので、明方近くに症状が現れることが多く見られます。

 

レム睡眠状態を自覚することは少なく、周囲も病気だと気付くことが少ないのです。単に寝相が悪いだけと思われがちなのです。目覚めた時に、知らない間に怪我をしていたり、部屋や寝具が乱れていたなど気が付いたら、周囲に確認しましょう。

 

レム睡眠行動障害の原因と考えられている3つの生活習慣があります。

 

50代以降の男性に多く発生するレム睡眠障害は、特定の病気による原因以外では、生活習慣がその主な原因とされています。まず、第一にアルコールを飲む習慣です。特に毎晩欠かさず寝酒を飲むという習慣がある人に多いようです。アルコール依存が高いほどレム睡眠障害の症状が出やすく、禁酒により改善されることが多いようです。アルコールは寝付きがよくなるといった効果はありますが、深く眠った後から浅い眠りが続くので、レム睡眠行動障害になりやすいと考えられます。さらに長期間に渡って飲酒を続けると脳が委縮することも多くパーキンソンや認知症との関係もあるのです。寝酒の習慣を改善し、飲酒量を減らす努力をしましょう。、

 

睡眠の質の低下もレム睡眠行動障害の原因の一つとされています。寝付きが悪い人、過眠症の人など、睡眠の質の低下が、レム睡眠障害を招くとも言われています。また、ストレスによってもレム睡眠障害をもたらすともいわれています。レム睡眠中に見る夢は、何かに追いかけられるような恐ろしい夢を見ているケースが多く、怖い夢を見るということは、日常のストレスがたまっていることが考えられるのです。

 

ストレスが原因でレム睡眠障害の症状が現れているのなら、ストレスの原因を断ち切るのが一番ですが、生活や仕事が関係しているストレスに関しては、簡単に断ち切れるものでもありません。できれば禁酒をして、ウォーキングなどの有酸素運動を行って、自然な疲労で眠りにつくような生活が一番く科的でしょう。

関連ページ

寝酒をやめたら眠れない
寝酒を注した時の脳や身体の反応とは
禁酒による睡眠障害を克服するには
禁酒・断酒による不眠症を克服するための方法
お酒といびきと頻尿で不眠症
お酒は頻尿になって快適な眠りを阻害します。