飲酒による尿意で目覚める

飲酒による頻尿で睡眠が阻害される

飲酒によって尿が近くなります。しかし睡眠中は尿が作られないホルモンが分泌されて、夜間に尿意で目が覚めにくい身体の構造になっています。…では就寝前に飲酒して寝たらどうなるのでしょうか?また、飲み会から帰ってきた男性は普段よりもよりいびきがうるさくない傾向があります。

 

飲酒が原因で頻尿になる方は多いと思いますが睡眠中もこの状態です。飲酒後の睡眠は夜中にトイレに起きる…そうすると睡眠のリズムのタイミングのよくないところで尿意を感じるので睡眠の質が低下します。

 

しかし睡眠中は尿が作られない構造になっているのですが、なぜなんでしょうか。

 

飲酒するということは「水分をたくさん摂ってその水分を出すためにトイレへ行くのは自然なこと」という要因以外にトイレが近くなる要因があるために、睡眠中には作ることが抑えられている尿が作られる原因があります。

 

ふつう睡眠中には尿が作られないようにするためのホルモンが分泌されますが、アルコールはこのホルモンの働きを阻害するので飲酒後の睡眠中は眠っているうちにまでだんだん尿が溜まります。寝付いてから3時間は深い眠りの状態なのであまり起きにくいですが、寝付いてから3時間以降になると飲酒が原因で眠りが浅くなってくるので、尿意で目が覚めて睡眠が中断されるのです。

 

また飲酒によってだんだんろれつが回らなくなってくることからもわかるように、飲酒によって舌の筋肉を少し麻痺させるので仰向けで眠ったときに舌がのどに落ちていきやすくなります。さらに飲酒は鼻が詰まりやすくなるためこれらが合わさって、鼻からのどにかけての空気の通り道が狭くなってイビキの原因となるのです。イビキをかいている時は十分な酸素が体に取り込めないので、睡眠が浅くなるためさらに睡眠を阻害することとなってしまいます。

 

以上のことから、寝付いてからの3時間はアルコールによって眠りは深くなりますが、それ以降は眠りが浅くなってしまうためあまり遅い時間まで飲まない方が快適な睡眠を得られます。アルコールは分解に時間がかかるため食事と同様に寝る前3時間前までの適度な量にとどめておきましょう。寝つく時にアルコールの血中濃度がゼロであるのが理想です。そうすることで少なくとも飲酒により寝付いてから3時間以降の眠りが浅くなったり、尿意で睡眠が中断するなどの悪影響は防げます。そのためには体重50kgの健康な成人の場合に眠る3時間前までに飲み終わるように洋酒ならロックで1杯、ワインならグラス2杯くらい、日本酒なら1合まで、ビールなら700mlまでまでに止めておきましょう。さらに肝臓の疲労防止のためにも2日飲んだら1日休むことを心がけると健康でいつまでもお楽しい酒を飲むことができるでしょう。

関連ページ

寝酒をやめたら眠れない
寝酒を注した時の脳や身体の反応とは
禁酒による睡眠障害を克服するには
禁酒・断酒による不眠症を克服するための方法
レム睡眠行動障害とアルコールの関係
睡眠不足の原因となるレム睡眠行動障害は、浅い眠りの状態です。アルコールを飲む習慣がある人は、レム睡眠行動障害になりやすいといわれています。