禁酒による睡眠障害

禁酒・断酒による不眠症・睡眠障害を改善する

禁酒・断酒による不眠症・睡眠障害を克服するための有効手段は、

 

睡眠のための環境を整える
朝目覚めたら必ず太陽の光を浴びる
規則正しい生活習慣
睡眠サポートサプリメントや睡眠導入剤を利用する

 

の4つの方法が基本となります。

 

睡眠のための環境を整える

最も重要なのが眠るための環境づくりです。心が落ち着いてリラックスできるような環境づくりを心がけましょう。明々と光り輝く蛍光灯や、大音量の音楽が流れるステレオ、スマートホンやパソコンを使用しながら、すぐに寝付くというのは、無理な話です。このような環境では、仏の人でも気分が高揚してなかなか寝付けないものです。ましてや禁酒をした人にとっては、眠ることは不可能と言えます。眠る前の1〜2時間は、照明の明るさも控え、音楽も静かな音楽に変え音量も小さくし、眠るための環境を整えましょう。スマホやパソコンの光は睡眠の質の低下を招くので、出来るだけ使わないようにしましょう。

 

朝目覚めたら必ず太陽の光を浴びる

睡眠時間が不十分で、朝の目覚めが悪く、頭がはっきりしないという人は、朝目覚めたらまずは、カーテンを全開にして、数分間太陽の光を浴びるようにしましょう。私たちの体に必要不可欠の神経伝達物質の「セロトニン」を分泌させる作用が太陽の光にはあるのです。セロトニンの働きで、人の精神は落ち着き、心を穏やかにしてくれるのです。禁酒による不眠症の疲労や焦りも和らげてくれる効果があります。また、毎朝決まった時間に太陽の光を浴びることで、目覚めの朝を脳や身体が覚え、その反動で夜に眠れるようになってくるのです。

 

規則正しい生活習慣

不眠症が続くと、つい起床時間が遅くなってしまったり、布団に入っても眠れないからと就寝時間も遅くなることが多いようです。しかし、このような不規則な生活習慣を続けていると、いつまでたっても不眠症は改善されません。就寝時間を決めて、時間が来たら布団に入り、朝は、睡眠時間が短くて多少眠くても決まった時間に布団から出るように心がけましょう。良質の睡眠時間のためには、一定の生活リズムが重要なのです。

 

睡眠サポートサプリメントや睡眠導入剤を利用する

あらゆる手段を尽くしても不眠症の症状が続くという場合は、睡眠導入剤を利用するといった方法もあります。ただし、睡眠導入剤は、副作用や依存性があるので、素人判断は禁物です。医療機関に相談し、医師の指導の下に睡眠導入剤を使用するようにしましょう。また、市販の睡眠サポートサプリメントなら、睡眠導入剤のような副作用や依存性の心配もありません。もちろん睡眠導入剤のような即効性はありませんが、時間をかけて、禁酒・断酒による不眠症を改善したいという人は、試してみるといいでしょう。

 

↓↓↓休息サポート飲料のマインドガードDX・ここをクリック↓↓↓

マインドガード

関連ページ

寝酒をやめたら眠れない
寝酒を注した時の脳や身体の反応とは
レム睡眠行動障害とアルコールの関係
睡眠不足の原因となるレム睡眠行動障害は、浅い眠りの状態です。アルコールを飲む習慣がある人は、レム睡眠行動障害になりやすいといわれています。
お酒といびきと頻尿で不眠症
お酒は頻尿になって快適な眠りを阻害します。