寝酒と睡眠の関係

お酒をやめたら眠れない

お酒は昔から「百薬の長」と言われ、少量であれば健康にいいものと言われてきました。また、お酒のおかげでストレス解消となったり、気分が楽しくなって、普段無口な方も、程よいお酒のおかげで気分も高揚して会話も弾み、仕事や生活での人間関係の潤滑油の働きもしてくれます。しかし、毎晩、飲酒をすることが習慣となり、健康上の問題などで突然禁酒・断酒をすると、眠れない、不眠症、睡眠障害と言った状態に陥ることがあるのです。

 

寝酒の習慣をやめられない
仕事や生活のストレス解消のため、毎晩のように晩酌をするという人は多いと思います。その日あった嫌なことを忘れるため、疲れをいやすために寝酒が習慣化している人も多いでしょう。たしなむ程度の量ならそれほど問題もないでしょうが、何らかの健康上の問題で、禁酒・断酒が必要となった時、寝酒がなければ眠れない不眠症で悩む人も多いようです・

 

お酒を飲むとすぐに眠れるので寝酒をするという人は多いでしょう。「翌日朝が早いから」「短時間しか睡眠時間がないので、すぐに眠りたい」など理由は様々です。確かにアルコールには、眠たくなる作用があります。しかし、飲酒は、寝付くまでの時間を短縮するだけで、深い眠りの効果はないのです。さらにアルコールは、利尿作用もあるため、夜中にトイレに行く回数も増え、ますます浅い眠りとなってしまうのです。

 

このような寝酒の習慣を突然やめてしまうとどうなるのでしょうか?

 

寝酒が長期間習慣化していると脳は、自然な睡眠のプロセスを忘れてしまった状態になっています。そのため、突然寝酒を中止してしまうと入眠や睡眠の質そのものが低下してしまいます。また、寝る前に毎日習慣的に行っている行動を「睡眠儀式」と呼びます。これは、何も寝酒に限らず、人によっては読書であったり、入浴であったり、アロマであったりするのですが、睡眠のために習慣的に行っている儀式を体が覚え、その儀式を行うことで脳が眠る時間と判断し、眠気を誘うのです。寝酒を入眠儀式として習慣化してしまった人は、突然禁酒をすると、眠れなくなってしまうのです。

 

このような突然の禁酒によって不眠症になってしまう期間は、個人差がありますが、数日から数か月と言われていて、中には1年以上も不眠症・睡眠障害の状態が続く人もいます。特に禁酒・断酒をしてから3週間程度は不眠症の状態が強いようです。

 

★禁酒 不眠症改善マインドガードDXはこちら★

関連ページ

禁酒による睡眠障害を克服するには
禁酒・断酒による不眠症を克服するための方法
レム睡眠行動障害とアルコールの関係
睡眠不足の原因となるレム睡眠行動障害は、浅い眠りの状態です。アルコールを飲む習慣がある人は、レム睡眠行動障害になりやすいといわれています。
お酒といびきと頻尿で不眠症
お酒は頻尿になって快適な眠りを阻害します。