熟眠障害を改善

熟眠障害を克服するためには

↓↓↓不眠症サポートマインドガードDXはこちら↓↓↓

リンク

 

熟眠障害の特徴は、常に眠たい状態が続き、以下のような状態が見られます。

 

・7時間〜8時間寝てるのに起きるのが辛い
・朝目が覚めた瞬間眠い
・睡眠時間は十分なのに昼間に強烈な睡魔にたびたび襲われる
・車や電車に乗ったらすぐに寝てしまう
・目覚まし時計をセットしても止めた記憶がない
・いつもやっとの思いで朝起きる
・完全に覚醒するまで30分以上かかる
・夜は早い時間に眠り寝付きもいい
・夢の内容を明確に記憶している
・朝は猛烈に眠くて辛くて起きるのが大変
・ちょっと昼寝のつもりが5時間以上寝てしまうことがよくある
・夜、無意識のうちに起きているらしい
・昼食後は眠くて大変
・仕事で疲れているのに覚醒してよけい眠れなくなる

 

熟眠障害は、低血圧の人に多く、子供のころから何十年にも渡って続いていることが多いようです。不眠症は眠れないのが特徴ですが、熟眠障害の場合は、いくら寝ても眠り足りない過眠症と言えます。睡眠時間は十分なはずなのに、慢性睡眠不足のような状態で、常に時差ぼけのような感覚です。

 

熟眠障害の主な原因は、睡眠時無呼吸症や中途覚醒です。特に熟眠障害と中途覚醒が併発するとすらい状態が続きます。また、環境の変化や日照時間の変化、対人関係のストレスによるうつ病の始まりなどにもよく表れる症状です。

 

さらにこの熟眠障害の症状が進んでくると、何らかの原因で興奮した際に突然全身の力が抜けてしまうナルコレプシーと呼ばれる症状があらわれ、発作やろれつが回らなくなったり、睡眠中に金縛りのような発作に襲われる人もいます。

 

改善方法として確実で手っ取り早いのは、睡眠薬の服用ですが、副作用の心配や薬に頼り過ぎて、薬なしでは眠れなくなり、依存性が高くなりどんどん飲む量が増えてしまうといった危険性もあります。

 

熟眠障害は、ストレスによることが多いので、心療内科でカウンセリングを受けて、自分のストレスの根源を知り、その解消を試みることが重要です。

 

また、枕を変えたり、部屋の模様替えなどで、安眠できる環境づくりをすると、意外と熟睡できるかもしれません。安眠できるハーブなど、人によって睡眠のためになることは様々なので、いろいろ探して熟睡できる自己流の方法を探してみましょう。

関連ページ

不眠症のタイプ
自分がどのようなタイプの不眠症化を知ることが、不眠症改善の第一歩です。
入眠障害の原因や症状・改善策
不眠症にもさまざまな症状、いろいろな原因があります。不眠症について知識を深め改善していきましょう。
中途覚醒の症状と対処法
中途覚醒は、夜中に何度も目が覚めるタイプの不眠症です。
早期覚醒
予定の起床時間よりも2時間以上も早く目が覚める
若者の不眠症
不眠症と言えばストレスが多い社会人の大きな悩みですが、仕事に就いていない若年層の不眠症も増えてきました。
不眠症による日常生活への影響
不眠症が習慣化すると日常生活にどのような影響があるのでしょうか?
不眠症の初期の対応
不眠症になってしまったときにまず試みる対応について
妊婦の不眠症
妊娠による体質の変化やストレス、体調不良などによって不眠症になることもあります
育児と不眠症
育児のストレスによる不眠症について
不眠症になりやすいタイプ
不眠症になりやすいかどうかのタイプは、生活環境や性格などが大きく関与しています。
生活スタイルと不眠症
生活スタイルの影響によっても不眠症になることがあります。
不眠症になりやすい仕事
仕事の種類によって不眠症になりやすい職種があります。
現代社会と不眠症の関係
深夜営業の店舗が増えて便利になったため睡眠に与える影響も大きくなったと言えます。
ストレスによる不眠症
現代の日本ではストレスを抱えている人が多くなっています。そのストレスが原因で不眠症になっている人も多いのです。
不眠症と生活習慣病の関係
高血圧や糖尿病などの生活習慣病が原因で不眠症になってしまうことがあります。
末端冷え性による不眠症
女性に多い冷え症も不眠症の大きな原因の一つです。
不眠症とメディアの刺激
インターネットやテレビ、ゲームなどのメディアも不眠症の原因になることがあります。
不眠症とうつ病の関係
不眠症とうつ病は密接な関係があり、うつ病が原因で不眠症になったり、また逆に不眠症からうつ病に発展することもあります。
更年期障害と不眠症
女性特有の更年期障害による不眠症も多くなっています。
血流不良で不眠症
血行が悪くなり、血流障害が原因で不眠症になるケースもあります。
不眠症による夫婦仲の亀裂
不眠症が続くと、それまで順調に行っていた夫婦仲にの間に亀裂が生じることがあります。
不眠症の肉体への影響
不眠症になると肉体的にも様々な悪影響が見られます。
不眠症による仕事への影響
不眠症になると仕事へも様々な支障が生じます。
不眠症改善の足つぼマッサージ
足つぼマッサージには不眠症改善の効果があります。
不眠症と顎の歪み
不眠症の原因の一つに顎の歪みがあります。あごの歪みを改善したことで不眠症が治ったという例もあるのです。
不眠症とカフェイン
コーヒーや紅茶に含まれるカフェインは覚醒作用があり、不眠症の原因となります。