早期覚醒を改善

睡眠時間が不十分なのに早朝に目が覚めてしまう

↓↓↓ぐっすり睡眠・爽快な目覚め・ここをクリック↓↓↓

マインドガード

 

・3〜4時間しか眠っていないのに夜明け前に目覚める

 

・長期に渡って短時間しか眠れない

 

・浅い眠りでも早朝に目覚めるので頭がはっきりしない

 

気になることを考えていたら寝付けなくなり、やっと眠れたと思ったら、起床時間よりも何時間も前に目が覚めてしまう。寝不足で昼間は頭がはっきりしない。このような状態を早期覚醒と呼びます。

 

睡眠時間が長いほうだと思っていても、突然このような症状になることもあります。特に仕事のストレスなどがたまってくると、精神的緊張から早期覚醒になってしまうことが多いようです。

 

何とか二度寝することができたとしても、朝起きるのがとても辛かったり、昼食後などに強烈な睡魔に侵されて、仕事が手につかない人も多いようです。特にバスやタクシー、電車などの交通関係の仕事に従事している人は、自分だけでなく乗客も巻き込む事故につながる可能性があるので、大問題です。

 

昼間はいつも、頭はフラフラして、夢見心地な毎日。睡眠不足で大変なのに、日の出前から目覚めてしまって、眠ることができない。夜床についても翌朝のことを思うと憂鬱で落ち込んでしまいます。

 

これでは昼間の仕事や勉強も非効率的で、悩みは尽きません。

 

昼間は、いつも睡魔に襲われ続け、まったく集中力がなくなってしまい、周りから見ると、覇気がなくやる気がないように見えて、まるでうつ病のような症状です。

 

睡眠薬を服用して無理やり眠る手もありますが、常用性や副作用が怖くて、躊躇する人も多いようです。

 

早期覚醒の主な原因は、自律神経のバランスが乱れることによって、眠りが浅くなることです。自律神経は、不規則な生活やストレス、仕事の疲労がたまる、季節の変わり目、急激な気候の変化などで、乱れることが多いのです。

 

自律神経のバランスが狂ってくると、なかなか寝付けなかったり、短時間で目が覚めてしまったり、睡眠時間が十分でも眠りが浅いために睡眠不足になってしまったりします。

 

早期覚醒対策は、まず、眠りの質を改善することから始めましょう。気分を落ち着かせるために、寝る前の30分間明かりを落とした部屋で静かに瞑想したり、ホットミルクを飲んだり、安眠系のアロマを炊くなど、寝る前に脳の緊張をほぐすことを行いましょう。

 

ホットミルクには、トリプトファンという物質を豊富に含み、体内に入ると、これが睡眠の質を高めてくれるメラトニンに変化します。

 

睡眠の環境を整えることも大切です。布団は天日で干し、シーツも清潔な新しいものに変えます。枕を変えるだけでも、睡眠の質は大幅に向上します。

 

最近は、より快適な睡眠のためのオーダーメイド枕もあるので、少々値段は高いですが、健康のために試してみてはいかがでしょうか。

関連ページ

不眠症のタイプ
自分がどのようなタイプの不眠症化を知ることが、不眠症改善の第一歩です。
入眠障害の原因や症状・改善策
不眠症にもさまざまな症状、いろいろな原因があります。不眠症について知識を深め改善していきましょう。
中途覚醒の症状と対処法
中途覚醒は、夜中に何度も目が覚めるタイプの不眠症です。
熟眠障害
熟眠障害とは、文字通り熟睡できず常に睡眠不足の状態が続くことです。
若者の不眠症
不眠症と言えばストレスが多い社会人の大きな悩みですが、仕事に就いていない若年層の不眠症も増えてきました。
不眠症による日常生活への影響
不眠症が習慣化すると日常生活にどのような影響があるのでしょうか?
不眠症の初期の対応
不眠症になってしまったときにまず試みる対応について
妊婦の不眠症
妊娠による体質の変化やストレス、体調不良などによって不眠症になることもあります
育児と不眠症
育児のストレスによる不眠症について
不眠症になりやすいタイプ
不眠症になりやすいかどうかのタイプは、生活環境や性格などが大きく関与しています。
生活スタイルと不眠症
生活スタイルの影響によっても不眠症になることがあります。
不眠症になりやすい仕事
仕事の種類によって不眠症になりやすい職種があります。
現代社会と不眠症の関係
深夜営業の店舗が増えて便利になったため睡眠に与える影響も大きくなったと言えます。
ストレスによる不眠症
現代の日本ではストレスを抱えている人が多くなっています。そのストレスが原因で不眠症になっている人も多いのです。
不眠症と生活習慣病の関係
高血圧や糖尿病などの生活習慣病が原因で不眠症になってしまうことがあります。
末端冷え性による不眠症
女性に多い冷え症も不眠症の大きな原因の一つです。
不眠症とメディアの刺激
インターネットやテレビ、ゲームなどのメディアも不眠症の原因になることがあります。
不眠症とうつ病の関係
不眠症とうつ病は密接な関係があり、うつ病が原因で不眠症になったり、また逆に不眠症からうつ病に発展することもあります。
更年期障害と不眠症
女性特有の更年期障害による不眠症も多くなっています。
血流不良で不眠症
血行が悪くなり、血流障害が原因で不眠症になるケースもあります。
不眠症による夫婦仲の亀裂
不眠症が続くと、それまで順調に行っていた夫婦仲にの間に亀裂が生じることがあります。
不眠症の肉体への影響
不眠症になると肉体的にも様々な悪影響が見られます。
不眠症による仕事への影響
不眠症になると仕事へも様々な支障が生じます。
不眠症改善の足つぼマッサージ
足つぼマッサージには不眠症改善の効果があります。
不眠症と顎の歪み
不眠症の原因の一つに顎の歪みがあります。あごの歪みを改善したことで不眠症が治ったという例もあるのです。
不眠症とカフェイン
コーヒーや紅茶に含まれるカフェインは覚醒作用があり、不眠症の原因となります。