不眠症が影響する夫婦仲

不眠症が影響する夫婦関係

不眠症は夫婦仲にも大きな影響を及ぼします。不眠症によってイライラすることで、夫婦仲が険悪になることもありますし、結婚生活のスタートによって、生活パターンの不一致からストレスとなり、不眠症になってしまうケースもあります。ここでは不眠症と夫婦関係について検証します。

 

不眠症による夫婦仲の悪化
不眠症の悩みは、男性よりも女性の方が深刻になることが多いようです。女性には、結婚によって妊娠や出産という精神的ストレスが大きい経験が待っているので、当然と言えるでしょう。不眠症による夫婦間へのマイナスの影響は大きいのです。

 

妻が不眠症になってしまうと、夫婦の睡眠時間にズレが生じることが多くなります。そのため、家事を十分にこなせなかったり、夫が仕事から帰宅するときに眠ってしまうケースもあり得ます。これに対して夫は、自分が仕事で疲れて帰ってきても、家の中は散らかり放題で、妻は眠っていると怒りを覚える人も多いでしょう。

 

しかし、不眠症によってうつ病も併発することが多いのです。睡眠不足で疲れ切っているうえにうつ病にまでなってしまうと、疲労と倦怠感からとても家事をこなす状態ではなくなって今うのです。妻は、決して怠惰な生活を望んでいるわけではなく、精神疾患の状態なのです。そんな時に罵声を浴びせるようなことをしたら、ますます病状が悪化するだけです。

 

もし、夫婦どちらかが不眠症になってしまったら、病気の回復のために、家事などは協力してこなすようにしましょう。不眠症の妻が、家事をこなせないことを罵るのは、風邪をひいて高熱で寝込んで火事がこなせない妻を罵るのと同じ行為なのです。

 

育児による不眠症
結婚後に子供が誕生し、夫婦の関係に育児が加わってくると、不眠症のリスクは、大きくなります。夫は外で働き、妻は家で働くといったように労働を完全に二分化してしまうと、育児の負担が女性に集中してしまいます。子供の成長を見守るのは夫婦にとって幸せなことです。しかし、育児には、多くのストレスもかかってくるのです。

 

育児の負担を全面的に妻が負っているような夫婦関係では、ストレスから女性が不眠症になってしまう可能性が高くなります。「子供のことはよく分からないから妻に全面的に任せる」などと言っている男性は、育児から逃げているのです。しかし、女性にとっても最初の子供は、未知の経験なのです。

 

不眠症は、単なる寝不足ではなく、多くの身体的疾患や精神的疾患の原因となるのです。「ちょっと眠れないだけだろう」と軽く考えていると、深刻な健康被害によって夫婦間に亀裂が生じる場合もあります。

 

このように、不眠症は夫婦関係に大きな影響力を持っています。円満な夫婦生活を続けることで不眠症を防ぐことができ、不眠症を未然に防止することで夫婦関係を良好に保つことができるのです。

 

↓↓↓ぐっすり睡眠・爽快な目覚め・ここをクリック↓↓↓

マインドガード

関連ページ

不眠症のタイプ
自分がどのようなタイプの不眠症化を知ることが、不眠症改善の第一歩です。
入眠障害の原因や症状・改善策
不眠症にもさまざまな症状、いろいろな原因があります。不眠症について知識を深め改善していきましょう。
中途覚醒の症状と対処法
中途覚醒は、夜中に何度も目が覚めるタイプの不眠症です。
早期覚醒
予定の起床時間よりも2時間以上も早く目が覚める
熟眠障害
熟眠障害とは、文字通り熟睡できず常に睡眠不足の状態が続くことです。
若者の不眠症
不眠症と言えばストレスが多い社会人の大きな悩みですが、仕事に就いていない若年層の不眠症も増えてきました。
不眠症による日常生活への影響
不眠症が習慣化すると日常生活にどのような影響があるのでしょうか?
不眠症の初期の対応
不眠症になってしまったときにまず試みる対応について
妊婦の不眠症
妊娠による体質の変化やストレス、体調不良などによって不眠症になることもあります
育児と不眠症
育児のストレスによる不眠症について
不眠症になりやすいタイプ
不眠症になりやすいかどうかのタイプは、生活環境や性格などが大きく関与しています。
生活スタイルと不眠症
生活スタイルの影響によっても不眠症になることがあります。
不眠症になりやすい仕事
仕事の種類によって不眠症になりやすい職種があります。
現代社会と不眠症の関係
深夜営業の店舗が増えて便利になったため睡眠に与える影響も大きくなったと言えます。
ストレスによる不眠症
現代の日本ではストレスを抱えている人が多くなっています。そのストレスが原因で不眠症になっている人も多いのです。
不眠症と生活習慣病の関係
高血圧や糖尿病などの生活習慣病が原因で不眠症になってしまうことがあります。
末端冷え性による不眠症
女性に多い冷え症も不眠症の大きな原因の一つです。
不眠症とメディアの刺激
インターネットやテレビ、ゲームなどのメディアも不眠症の原因になることがあります。
不眠症とうつ病の関係
不眠症とうつ病は密接な関係があり、うつ病が原因で不眠症になったり、また逆に不眠症からうつ病に発展することもあります。
更年期障害と不眠症
女性特有の更年期障害による不眠症も多くなっています。
血流不良で不眠症
血行が悪くなり、血流障害が原因で不眠症になるケースもあります。
不眠症の肉体への影響
不眠症になると肉体的にも様々な悪影響が見られます。
不眠症による仕事への影響
不眠症になると仕事へも様々な支障が生じます。
不眠症改善の足つぼマッサージ
足つぼマッサージには不眠症改善の効果があります。
不眠症と顎の歪み
不眠症の原因の一つに顎の歪みがあります。あごの歪みを改善したことで不眠症が治ったという例もあるのです。
不眠症とカフェイン
コーヒーや紅茶に含まれるカフェインは覚醒作用があり、不眠症の原因となります。