不眠症の原因となるメディア

メディアの刺激が睡眠に悪影響する

メディアの多様化に伴って、家庭での娯楽もよりリアルで刺激性の高いものが増えてきました。大画面テレビやインターネット、ゲームなど娯楽性の高いメディアは、とても身近になってきました。寝付きが悪い時は以前なら読書が主流でしたが、今では深夜でも映画やスポーツを見ることができるので、深夜番組を見て眠気が起きるのを待つ人も多いと思います。

 

しかし、これらの娯楽性の高いメディアは、刺激が大きいので睡眠前に見ると悪影響を及ぼすことも多いようです。

 

睡眠前にテレビを視聴することは、睡眠の妨げとなってしまうことが多いようです。テレビが発する音と光は、休息状態に入る前の人間にとっては、強い刺激となってしまうのです。すると、交感神経が優位に立ち、睡眠の妨げとなってしまうのです。就寝前の1〜2時間は、テレビを見ないほうがいいと思います。特に戦争映画やスポーツ観戦などは、眠りにとって悪影響と言えるでしょう。

 

また、インターネットも快適な睡眠のためには、寝る前には控えるべきでしょう。スマホやパソコンなどでインターネットを就寝前に楽しむ人は多いようですが、動画サイトを見ることはテレビを見るのと変わりませんし、情報サイトでテキストを読むのも読書と違って、画面が光を発しているので、脳への刺激となってい増します。テレビと同様に就寝前の1〜2時間は、ディスプレイの画面に向かわないようにしましょう。

 

さらにスマホのアプリやテレビゲームも、快適な睡眠に影響を及ぼします。テレビの場合は画面を見るだけですが、ゲームの場合は自らが能動的にプレイすることになりますから、さらに強い刺激が自律神経にかかるのです。特にスポーツや麻雀のような勝負を争うようなゲームだと、音や光といった要因以外でも興奮状態が高まってくるので、眠気が冷めてしまい、不眠症へとつながるのです。

 

そんな興奮状態を静めてくれる睡眠サポート飲料がマインドガードDXです。忙しい日々を送っている人にとっては、寝る前にテレビやパソコンからの情報取集は大切です。眠気が冷めてしまったらマインドガードDXで不眠症を改善しましょう。

 

★禁酒 不眠症改善マインドガードDXはこちら★

関連ページ

不眠症のタイプ
自分がどのようなタイプの不眠症化を知ることが、不眠症改善の第一歩です。
入眠障害の原因や症状・改善策
不眠症にもさまざまな症状、いろいろな原因があります。不眠症について知識を深め改善していきましょう。
中途覚醒の症状と対処法
中途覚醒は、夜中に何度も目が覚めるタイプの不眠症です。
早期覚醒
予定の起床時間よりも2時間以上も早く目が覚める
熟眠障害
熟眠障害とは、文字通り熟睡できず常に睡眠不足の状態が続くことです。
若者の不眠症
不眠症と言えばストレスが多い社会人の大きな悩みですが、仕事に就いていない若年層の不眠症も増えてきました。
不眠症による日常生活への影響
不眠症が習慣化すると日常生活にどのような影響があるのでしょうか?
不眠症の初期の対応
不眠症になってしまったときにまず試みる対応について
妊婦の不眠症
妊娠による体質の変化やストレス、体調不良などによって不眠症になることもあります
育児と不眠症
育児のストレスによる不眠症について
不眠症になりやすいタイプ
不眠症になりやすいかどうかのタイプは、生活環境や性格などが大きく関与しています。
生活スタイルと不眠症
生活スタイルの影響によっても不眠症になることがあります。
不眠症になりやすい仕事
仕事の種類によって不眠症になりやすい職種があります。
現代社会と不眠症の関係
深夜営業の店舗が増えて便利になったため睡眠に与える影響も大きくなったと言えます。
ストレスによる不眠症
現代の日本ではストレスを抱えている人が多くなっています。そのストレスが原因で不眠症になっている人も多いのです。
不眠症と生活習慣病の関係
高血圧や糖尿病などの生活習慣病が原因で不眠症になってしまうことがあります。
末端冷え性による不眠症
女性に多い冷え症も不眠症の大きな原因の一つです。
不眠症とうつ病の関係
不眠症とうつ病は密接な関係があり、うつ病が原因で不眠症になったり、また逆に不眠症からうつ病に発展することもあります。
更年期障害と不眠症
女性特有の更年期障害による不眠症も多くなっています。
血流不良で不眠症
血行が悪くなり、血流障害が原因で不眠症になるケースもあります。
不眠症による夫婦仲の亀裂
不眠症が続くと、それまで順調に行っていた夫婦仲にの間に亀裂が生じることがあります。
不眠症の肉体への影響
不眠症になると肉体的にも様々な悪影響が見られます。
不眠症による仕事への影響
不眠症になると仕事へも様々な支障が生じます。
不眠症改善の足つぼマッサージ
足つぼマッサージには不眠症改善の効果があります。
不眠症と顎の歪み
不眠症の原因の一つに顎の歪みがあります。あごの歪みを改善したことで不眠症が治ったという例もあるのです。
不眠症とカフェイン
コーヒーや紅茶に含まれるカフェインは覚醒作用があり、不眠症の原因となります。