不眠症の種類

不眠症のタイプを知ろう

現代社会では、ストレスがたまることが多くなってきています。それとともに不眠症で悩む人が急増中です。不眠症を改善するためには、どのような種類の不眠症なのか、何が原因で不眠症になってしまったのかを知ることが大切です。

 

「不眠症」この言葉をテレビや雑誌、インターネットなどで見かけることが多くなってきました。ベッドに入ってもなかなか寝付けない。やっと眠りについたと思っても、一晩に何回も目が覚めてしまう。朝起きるのがつらく、疲れが取れない。仕事中も眠たくなって辛い・・・そんな風に多くの人が睡眠に関する悩みを抱えているようです。統計によると、日本人の5人に1人以上の人が、不眠症であるといわれています。

 

不眠症の定義は、単純に睡眠時間で決まるものではありません。睡眠時間は、個々の生活環境や体質によって変わってくるので、一概に何時間睡眠すれば、十分であるとは言えないのです。眠っても疲労回復できない、仕事や生活に支障をきたすなどが不眠症の定義となってきます。

 

不眠症には大きく分けて、「入眠障害」「中途覚醒」「熟眠障害」「早朝覚醒」の4つのタイプがあります。

 

入眠障害

布団に入っても寝付くまでに時間がかかるタイプの不眠症を入眠障害と呼びます。このタイプの不眠症患者が、不眠症で悩んでいる人の中で一番多いのです。「早く眠らないと明日の仕事が心配だ」と焦れば焦るほど眠ることができず、どんどん不眠症の深みにはまっていくのです。

 

中途覚醒

中途覚醒は、眠りにつくことはできても途中で何度も目が覚めてしまい、熟睡できないといったタイプの不眠症です。飲酒、生活リズムの乱や、ストレスが原因となることが多いようです。

 

熟眠障害

熟眠障害は、しっかり睡眠時間は取れているのに、朝の目覚めがスッキリしなくて、目覚めてからも体が重だるく、疲労が回復しないタイプの不眠症です。熟眠障害の人は、日中、突然睡魔に襲われることが多く、車の運転などは危険です。

 

早朝覚醒

早朝覚醒のタイプの不眠症は、十分な睡眠時間ではないのに朝早くに目が覚めてしまい、その後眠ることができない人です。加齢とともに早起きになる人が多いですが、この場合は、生活パターンの変化と考えられるので、早朝覚醒ではありません。体の疲れが十分にとれていないのに早起きして、二度寝ができないといったケースは、早期覚醒の可能性があります。

 

以上のような症状でお悩みの方は、一度、不眠症サポートマインドガードDXを試してみるといいですよ。マインドガードDXは、睡眠導入剤と違って、化学薬品は使用していないので、自然な睡眠を手助けしてくれるのです。

 

↓↓↓不眠症サポートマインドガードDXはこちら↓↓↓

リンク

関連ページ

入眠障害の原因や症状・改善策
不眠症にもさまざまな症状、いろいろな原因があります。不眠症について知識を深め改善していきましょう。
中途覚醒の症状と対処法
中途覚醒は、夜中に何度も目が覚めるタイプの不眠症です。
早期覚醒
予定の起床時間よりも2時間以上も早く目が覚める
熟眠障害
熟眠障害とは、文字通り熟睡できず常に睡眠不足の状態が続くことです。
若者の不眠症
不眠症と言えばストレスが多い社会人の大きな悩みですが、仕事に就いていない若年層の不眠症も増えてきました。
不眠症による日常生活への影響
不眠症が習慣化すると日常生活にどのような影響があるのでしょうか?
不眠症の初期の対応
不眠症になってしまったときにまず試みる対応について
妊婦の不眠症
妊娠による体質の変化やストレス、体調不良などによって不眠症になることもあります
育児と不眠症
育児のストレスによる不眠症について
不眠症になりやすいタイプ
不眠症になりやすいかどうかのタイプは、生活環境や性格などが大きく関与しています。
生活スタイルと不眠症
生活スタイルの影響によっても不眠症になることがあります。
不眠症になりやすい仕事
仕事の種類によって不眠症になりやすい職種があります。
現代社会と不眠症の関係
深夜営業の店舗が増えて便利になったため睡眠に与える影響も大きくなったと言えます。
ストレスによる不眠症
現代の日本ではストレスを抱えている人が多くなっています。そのストレスが原因で不眠症になっている人も多いのです。
不眠症と生活習慣病の関係
高血圧や糖尿病などの生活習慣病が原因で不眠症になってしまうことがあります。
末端冷え性による不眠症
女性に多い冷え症も不眠症の大きな原因の一つです。
不眠症とメディアの刺激
インターネットやテレビ、ゲームなどのメディアも不眠症の原因になることがあります。
不眠症とうつ病の関係
不眠症とうつ病は密接な関係があり、うつ病が原因で不眠症になったり、また逆に不眠症からうつ病に発展することもあります。
更年期障害と不眠症
女性特有の更年期障害による不眠症も多くなっています。
血流不良で不眠症
血行が悪くなり、血流障害が原因で不眠症になるケースもあります。
不眠症による夫婦仲の亀裂
不眠症が続くと、それまで順調に行っていた夫婦仲にの間に亀裂が生じることがあります。
不眠症の肉体への影響
不眠症になると肉体的にも様々な悪影響が見られます。
不眠症による仕事への影響
不眠症になると仕事へも様々な支障が生じます。
不眠症改善の足つぼマッサージ
足つぼマッサージには不眠症改善の効果があります。
不眠症と顎の歪み
不眠症の原因の一つに顎の歪みがあります。あごの歪みを改善したことで不眠症が治ったという例もあるのです。
不眠症とカフェイン
コーヒーや紅茶に含まれるカフェインは覚醒作用があり、不眠症の原因となります。