不眠症の知識

不眠症に関する基礎知識記事一覧

不眠症のタイプ

現代社会では、ストレスがたまることが多くなってきています。それとともに不眠症で悩む人が急増中です。不眠症を改善するためには、どのような種類の不眠症なのか、何が原因で不眠症になってしまったのかを知ることが大切です。「不眠症」この言葉をテレビや雑誌、インターネットなどで見かけることが多くなってきました。...

≫続きを読む

 

入眠障害の原因や症状・改善策

★布団に入って眠ろうとしても2時間〜4時間は眠れない★ものごころついた時から寝つきが悪い★寝ろうとしても余計に目がさえてしまうこのような眠りに関する悩みは、入眠障害の可能性があります。普通は、10〜15分程度で眠ることができるのですが、入眠障害があると30分から数時間、どうかすると一晩中眠れないとい...

≫続きを読む

 

中途覚醒の症状と対処法

中途覚醒は、夜中に何度も目が覚めたり、頻繁に夢を見て、しかもその内容をはっきり覚えているような睡眠状態です。体が疲れていても、脳の思考回路が休まらず、オーバーヒートを起こしている状態です。中途覚醒の対策としては、考え過ぎないようにして、ストレスをなくし、リラックスした状態で眠りにつくことが重要です。...

≫続きを読む

 

早期覚醒

↓↓↓ぐっすり睡眠・爽快な目覚め・ここをクリック↓↓↓・3〜4時間しか眠っていないのに夜明け前に目覚める・長期に渡って短時間しか眠れない・浅い眠りでも早朝に目覚めるので頭がはっきりしない気になることを考えていたら寝付けなくなり、やっと眠れたと思ったら、起床時間よりも何時間も前に目が覚めてしまう。寝不...

≫続きを読む

 

熟眠障害

↓↓↓不眠症サポートマインドガードDXはこちら↓↓↓熟眠障害の特徴は、常に眠たい状態が続き、以下のような状態が見られます。・7時間〜8時間寝てるのに起きるのが辛い・朝目が覚めた瞬間眠い・睡眠時間は十分なのに昼間に強烈な睡魔にたびたび襲われる・車や電車に乗ったらすぐに寝てしまう・目覚まし時計をセットし...

≫続きを読む

 

若者の不眠症

ナルコレプシー最近になって若者の間でも不眠症の悩みを訴える人が増えてきました。若者特有の不眠の源もあり、社会人として働いていなくても、いろいろなストレスから不眠症になる若者が多くなっているのです。ここでは若者特有の睡眠の悩みについて考えてみます。15歳前後の若者に多く見られる睡眠障害にナルコレプシー...

≫続きを読む

 

不眠症による日常生活への影響

不眠症が続くと心身の不調により、日常生活に様々な悪影響を及ぼします。まず、不眠症によって多くの方に現れるのが食欲不振です。不眠症が続くと、人によっては、極端に食欲が強くなったり、逆に食欲不振になってしまうケースがあります。不眠症になってしまうと自律神経を失調させて今います。食慾に大きく関連している消...

≫続きを読む

 

不眠症の初期の対応

今の日本の社会の中で生活を続けていくうえでは、誰もが不眠症のリスクを抱えているといえるでしょう。複雑化した社会構造の中で、仕事や日常生活の中に不眠症になってしまう要因は、数多く潜んでいるのです。日ごろから不眠症に対する注意を行っていたとしても、そのすべてを避けきれるものではないのです。特にストレスは...

≫続きを読む

 

妊婦の不眠症

妊娠することによって不眠症になってしまうケースも多く見られます。さらに妊娠初期と妊娠後期によって不眠症の症状も変わってくるようです。妊娠と不眠症は深い関係があるようです。妊娠初期に不眠症で悩まされる女性は多いようです。特に最初の妊娠に関しては、妊娠しているといった未経験の状態に対する不安も大きく、深...

≫続きを読む

 

育児と不眠症

妊娠中に体調の変化や精神的ストレスによって、不眠症の悩みを抱える人は多いようですが、出産したからと言ってその悩みが解消されるわけではありません。出産という大仕事をやっと終えたと思ったら、今度は、育児による不眠症に悩む人が増えてきます。多くの女性側がこのかわいい寝顔に癒されると言いますが、その反面、育...

≫続きを読む

 

不眠症になりやすいタイプ

生活パターンが同様でも、不眠症になりやすい人と不眠症になりにくい人がいます。まず、性格の違いによって、不眠症になりやすいのかなりにくいのかが分かれてきます。不眠症になりやすい性格には、生真面目で繊細な性格の人が多い傾向があります。仕事や日常の出来事などに関して、完璧な対応ができるまで、いつまでも考え...

≫続きを読む

 

生活スタイルと不眠症

普段の生活スタイルが影響して不眠症になってしまうケースも見られます。この中でも特に影響力が強いのが、食事仕事に関する生活習慣です。まず食事に関しては、不眠症に対する影響が最も大きい項目と言えるでしょう。仕事や学校などで朝を慌ただしく過ごしていて、朝食を抜いたり、あるいは、朝食をまったく食べない習慣だ...

≫続きを読む

 

不眠症になりやすい仕事

仕事が原因で不眠症のリスクが高まることもあります。いろいろな仕事があって、すべての仕事は必要とされているのですが、仕事によっては不眠症のリスクが高くなることがあるので、知識として知っておくと対処もしやすいでしょう。まず、職業柄昼型のせいかすが送りにくい職業は、不眠症の危険性が高くなります。まず、一番...

≫続きを読む

 

現代社会と不眠症の関係

深夜営業の店が少ない昭和の時代には、夜中に空腹を感じて、何か食べたくなったとしても、冷蔵の中やインスタントラーメンなどの買い置きがない場合、我慢して寝てしまうしかありませんでした。しかし、今の日本では、深夜営業のスーパーやコンビニが多くなったので、真夜中でも気軽に買いに行くことができます。東京や大阪...

≫続きを読む

 

ストレスによる不眠症

家庭環境が悪化した、仕事での悩み、親しい人がなくなった・・・など、日々の生活の上で多くのストレスと直面することが合います。そのようなストレスをためることで、快適な睡眠を送れなくなってしまうのです。ここでは、日常的なストレスと不眠症の関係について考えてみましょう。ストレスは不眠症の大きな原因の一つとな...

≫続きを読む

 

不眠症と生活習慣病の関係

糖尿病や高血圧などの生活習慣病は、健康を脅かす最も重要な項目ですが、生活習慣病が不眠症に関係していることもおいのです。体内時計の乱れ一日のサイクルは、24時間ですが、人間の体内時計のサイクルは25時間であるといわれています。太陽の光を遮断された空間で生活を続けると、人間は一日のサイクルが25時間にな...

≫続きを読む

 

末端冷え性による不眠症

子供のころ母親から「体が冷えるから、暖かくして寝なさい」と言われた思い出がある人も多いでしょう。この言葉は医学的にもとても的確な助言と言えます。人間に限らず動物は、睡眠時には体温が下がるのです。これは休眠状態で、体力を回復し、余分なエネルギーを消費することを防ぐための生命活動の一つなのです。しかし、...

≫続きを読む

 

不眠症とメディアの刺激

メディアの多様化に伴って、家庭での娯楽もよりリアルで刺激性の高いものが増えてきました。大画面テレビやインターネット、ゲームなど娯楽性の高いメディアは、とても身近になってきました。寝付きが悪い時は以前なら読書が主流でしたが、今では深夜でも映画やスポーツを見ることができるので、深夜番組を見て眠気が起きる...

≫続きを読む

 

不眠症とうつ病の関係

不眠症の人がそのままうつ病になってしまったり、それとは逆にうつ病の人が不眠そうになったりと、この二つの病気には深い相関関係が認められます。どちらの病気も精神的な面が大きく関与しているので当たり前と言えば当たり前と言えるでしょう。それでは、不眠症とうつ病の関係はどのようになっているのでしょうか。不眠症...

≫続きを読む

 

更年期障害と不眠症

女性特有の更年期障害は、妊娠や出産など女性が不眠症になってしまう大きな原因の一つとされています。更年期障害の原因はホルモンバランスが崩れることによるもので、その一つの症状として不眠症があります。心身に悪影響を及ぼす更年期障害と不眠症の関係について見てみましょう。更年期障害の特徴としてエストロゲンの減...

≫続きを読む

 

血流不良で不眠症

血流は不眠症に大きな影響があります。体内の血流が円滑になると、不眠症が解消されるケースも多く見られます。逆に血流がスムーズでないと不眠症になってしまうこともあるのです。血流と不眠症の関係についての情報です。血行不良が原因の肩こりから不眠症になる肩こりの原因として多く見られるのが、血行不良です。この肩...

≫続きを読む

 

不眠症による夫婦仲の亀裂

不眠症は夫婦仲にも大きな影響を及ぼします。不眠症によってイライラすることで、夫婦仲が険悪になることもありますし、結婚生活のスタートによって、生活パターンの不一致からストレスとなり、不眠症になってしまうケースもあります。ここでは不眠症と夫婦関係について検証します。不眠症による夫婦仲の悪化不眠症の悩みは...

≫続きを読む

 

不眠症の肉体への影響

不眠症が続くとさまざまな悪影響が現れてきます。そんな中でも特に問題となる不眠症による悪影響についての情報です。居眠り不眠症の状態が長期間にわたって続くと、夜中の睡眠時間が十分でなく、慢性的な睡眠不足の状態が続いているので、昼間に強烈な睡魔に襲われることがたびたびあります。仕事中にうとうとしてしまうと...

≫続きを読む

 

不眠症による仕事への影響

日常生活に問題を生じる不眠症は、仕事の上でも様々の支障をきたします。睡眠不足に要る作業効率の低下や精神疾患、不眠症解消のための睡眠剤などによる副作用など不眠症によって仕事がスムーズにいかなくなるのです。ここでは不眠症が仕事へ与える影響について見てみましょう。睡眠不足不眠症による最も顕著な問題点として...

≫続きを読む

 

不眠症改善の足つぼマッサージ

不眠症改善には、体を温めたり、リラックスするのが最も効果的だと言われています。足つぼマッサージは、まさに体をぽかぽかにして、リラックスさせることもあるので不眠症対策にはベストな方法だと言えます。リフレクソロジーのお店で足つぼマッサージの施術が行われていますが、就寝前に自宅でできる簡単な方法もあります...

≫続きを読む

 

不眠症と顎の歪み

不眠症の原因が下アゴのずれによるものだったという人も結構多いようです。アゴの問題や顎関節症を改善したら、熟睡できるようになったという口コミもネット上でよく見かけます。これは単なる都市伝説といったたぐいのものではなく、リラックスを司る脳の前頭葉と顎の筋肉というのは密接な関係があるのです。顎の状態を正常...

≫続きを読む

 

不眠症とカフェイン

「就寝前にコーヒーを飲むと眠れなくなる」とよく耳にすると思います。試験勉強や仕事などのために眠気を覚ますためにコーヒーを飲むということもよくあることです。コーヒーや紅茶などには、カフェインが含まれています。カフェインには、体や気持ちを興奮させる効果があり、眠気覚ましのために錠剤のカフェインなどもドラ...

≫続きを読む