マインドガードDXで不眠症を改善して快眠

高血圧改善のため禁酒・断酒の指導を医師から受けました

↓↓↓ぐっすり睡眠・爽快な目覚め・ここをクリック↓↓↓

マインドガード

 

健康上の理由で禁酒を始めました
数年ぶりに健康診断を受けたところ、高血圧であることが分かったのです。上が185で、下が120とかなりの高血圧でした。医師から問診され、私が毎日、焼酎を2合以上は飲んでいるというと、すぐに禁酒するように言われたのです。しかし、もう20年以上にわたって続けてきた習慣です。そう簡単に止められるわけがありません。ここ20年余りの間に全く酒を飲まなかった日なんて、数えるほどしかありません。

 

睡眠不足

しかし、医者から「このまま同じように飲酒を続けていると、高血圧が原因で、10年以内に心筋梗塞か脳梗塞で倒れることになりますよ」と言われたら、頑張って酒をやめるしかありません。酒を我慢することはできますが、寝酒だったので、酒なしでは全然寝付けないのです。布団に入っても、明け方ごろにようやく1時間ほどうつらうつらしたと思ったら、朝日が昇って、スズメのさえずりが聞こえてくるような毎日でした。

 

不眠症で寝不足の毎日
毎日睡眠不足で、頭が働かず、仕事でもミスの連続です。このままでは高血圧以前に睡眠不足で体を壊してしまうと思い、何とかしなければと焦りました。かかりつけの医者からは、睡眠導入剤を処方され試してみましたが、やはり薬物なので副作用とか常習性が心配です。眠剤を飲めば確かに眠ることはできるのですが、とても熟睡と言った状態ではなく、朝の目覚めも爽快と言うには程遠いものでした。薬なしでは眠れない体になってしまうのでは、と怖くなり飲み続けることはできませんでした。

 

酒なしでも眠ることができた!!
そんな時に友人から勧められたのが休息サポート飲料の「マインドガードDX」だったのです。友人は、糖尿病で医師から断酒するように注意を受け、断酒したのですが、私と同じように不眠症・睡眠障害のためにすっかり健康を害していたそうです。そこでインターネットで見つけたこころの青汁ドットコム の「マインドガードDX」を毎晩飲み始めたところ、快適な眠りを得ることができたそうなのです。

 

マインドガードDXの通常価格は1本9,075円ですが、
今ならネット通販特別価格の
1本6.810円です。

送料・手数料は、無料で1本でおよそ1か月分です。

遂に爽快な目覚めを手に入れました

ボトル

インターネットで「マインドガードDX」購入し、さっそく飲んでみましたが、もちろん「マインドガードDX」は睡眠導入剤のような薬品ではないので即効性はありません。ただ、飲んだその日から、気のせいか心が落ち着いたような感じで、「もしかしたらいいかも・・・」と言った感触はありました。そりゃー、20年以上も続けてきた寝酒の習慣が、簡単に改善できるわけはありません。軽いアルコール依存症の体質改善には多少の努力も必要です。

 

それから「マインドガードDX」を飲み続けて1週間後には徐々に睡眠時間が増え続け、1か月後には布団に入ると、10分以内には深い眠りに入ることができるようになったのです。もちろん朝の目覚めも爽快で、疲れもすっかり取れています。寝酒の習慣を続けていた頃には、毎朝辛くて不快な目覚めだったのがウソのようです。こうして私は禁酒・断酒による不眠症・睡眠障害を克服したのです。

 

おかげで血圧のほうも下がってきて、120−85になりました。もちろん効果は個人差があるので誰にでも有効というわけはないと思います。またマインドガードDXは、あくまで睡眠補助サプリメントなので、それ自体に血圧を下げる効果はありません。

 

★快適な目覚めの朝マインドガードDX・ここをクリック★

休息サポート飲料のマインドガードDXの特徴

マインドガードDXの特徴を一言でいえば、ビタミンやミネラルなどがたくさん含まれている心の青汁で、リラックス効果による睡眠サポートです。

 

快適な睡眠のために必要な物質の一つにセロトニンがあります。サプリメント先進国の欧米でも、質の良い睡眠のためには、セロトニンが重要なカギを握るといわれていています。普通う、セロトニンは、日中に屋外で体を動かすことで脳の中で作られます。夜になるとこのセロトニンから睡眠のために不可欠なメラトニンが作り出されるのです。つまり快適な睡眠のためには、日中屋外で運動や労働などで体を動かすことが一番なのです。

 

しかし、現代人にとって毎日、太陽の下で体を動かすことが可能な人は少ないでしょう。そんな人たちのために休息サポート「マインドガードDX」があるのです。マインドガードDXには、脳内のセロトニン生成の働きを補助する栄養素のトリプトファンが豊富に含まれている南国のミラクルフルーツ「ノニ」を配合しています。

 

さらに休息効果を高めるために休息ハーブと呼ばれている南ポリネシア産の天然ハーブのモリンダシトリフォリアを3か月に渡って熟成し、配合しています。その他に、沖縄で昔から栽培されてきたハーブ、クワンソウの成分も含まれています。この成分は眠りを助けるといわれるグリシンの100倍の効果が期待でき、睡眠の学会でもその効果が注目されています。

 

↓↓↓休息サポート飲料のマインドガードDX・ここをクリック↓↓↓

マインドガード

セロトニンとは

セロトニンは、三大神経伝達物質の一つで、『ノルアドレナリン』や『ドーパミン』と共に、体内で特に大切な役割を果たしています。セロトニンは、人の心の働きに大きな影響を及ぼし、心身の安定や心の安らぎに必要な「幸せホルモン」と呼ばれており、セニトリンの不足は、不眠症やうつ病などの精神疾患の原因の一つとも言われています。

 

セニトリンの不足の症状としては、
・ぼーっとする ・疲れやすい ・無気力感 ・集中力の欠如 ・短気になる・イライラする ・キレやすい・落ち込みやすい ・すぐくよくよ悩む ・過食/拒食・感情的になりやすい ・寝付きが悪い/眠れないなど不眠症 ・メラトニン(睡眠ホルモン)の減少
・欲求不満 ・偏頭痛 ・日中眠い ・姿勢が悪くなる ・緊張しやすい ・ストレスが溜まりやすい ・買い物、ギャンブル、アルコールなどの依存症になりやすい ・パニック障害 ・うつ病 ・統合失調症 ・その他、様々な身体・精神的な症状

 

以上のようにセロトニンの不足は、身体・精神の両面に多くの悪影響があります。

 

セロトニン不足の原因
近年日本では、セニトリン不足が深刻な問題となってきました。うつ病患者数の増加や、自殺者数の増加、キレる若者の増加、さらには新型うつ病などはセロトニンの不足との関わりが指摘されています。

 

そんな人の精神にとって重要なセニトリンが不足する原因としては、現代社会のライフスタイルの変化がクローズアップされています。

 

高齢者の身体機能の衰えもセニトリン不足にかかわっています。さらに子供たちは、屋外で遊ぶことが少なくなり、室内で長時間ゲームなどをやり続けることが多くなってきました。このような生活習慣を続けているとセロトニン神経が弱体化しやすくなるのです。

 

現代人は、いつのまにか慢性的なセロトニン不足となってしまい、精神的に弱くなってうつっぽくなったり、心のバランスを失ってキレやすくなったりするのです。

 

不足したセロトニンを増やすには、『規則的な生活』『太陽光』『リズム運動』『適切な食事』などに注意しましょう。